スタッフブログ
HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

2014/05/31 | スカイプラザ浜大津 | イベントリスニングルーム“響”


モーツァルトは1787年、シューマンは1840年に歌曲をよく作曲したので
これらの年は「歌曲の年」と呼ばれています。

2人の天才作曲家は歌曲にどんな想いを込めたのでしょうか。
今回のクラシックコンサート" モーツァルトとシューマンの名歌曲集 "ではそこに焦点をあて、
モーツァルト愛好家の大矢氏の解説の下、倉田氏と小上氏による演奏が行われました。

コンサートは14時に開演。
大矢氏の挨拶で幕を開けました。


IMG_1197.JPGのサムネール画像
モーツァルトの「K503『プラハ』第1楽章」が会場に流れ、続く「K515弦楽五重奏曲」。
そしてお待ちかね、倉田氏と小上氏による「K520『ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いたとき』」。
失恋した女性の未練がテーマの、モーツァルトによる歌曲です。


IMG_1204.JPG

大矢氏による解説は、徐々に2人の人生へと迫っていきます。
モーツァルトの最高期、父との対立、親友の死。
またシューマンのクララとの結婚に至るまで。

そのような背景を踏まえた上で演奏される「K523" Abendempfindung an Laura " 『ラウラに寄せる夕べの想い』」、「" Jemand " 『まだ見ぬ人』」、「" Lied der Suleika " 『ズライカの歌』」などの歌曲に、普段とは違う印象を受けられた方もいらっしゃったのではないでしょうか。


IMG_1212.JPG

約2時間にわたるコンサートは、シューマンのクララに対する思いを綴った「" Du bist wie eine Blume " 『君は花のように』」、そしてアンコールのモーツァルトより「フィガロの結婚」から「恋とは何でしょう」をもって幕を閉じました。

日曜に昼下がり、2人の作曲家に想いを馳せる素敵な一時を楽しんで頂けたかと思います。


IMG_1213.JPG

小上氏、倉田氏、大矢氏によるワンショット。
すてきな演奏と解説を、本当にありがとうございました。



2014/05/23 | スカイプラザ浜大津 | WEB

   


日頃から、多くの方にスカイプラザ浜大津のホームページをご利用いただいていますが。
スマホを持っている人は更に便利に使う方法があります。

それは...スマホのホーム画面にスカイプラザアイコンを表示して
ホームページを簡単に表示させる事が出来ます。


先ずは...

① スカイプラザのホームページを表示して
  画面下のボタンを押してください。
スマホトップ画面.png




②次に「ホーム画面に追加」を押してください。

スマホホーム画面追加.png





③次の画面が表示されるので「追加」を押します。

スマホ登録画面.png




④ 登録出来ました。
 これで次回からこのアイコンをタップするだけで
 ホームページを表示する事が出来ます。
登録完了.png



予約状況の確認や、イベント情報、スタッフブログを簡単にご覧いただく事が出来ます。
宜しければご利用ください。



2014/05/18 | スカイプラザ浜大津 | イベント



気持ちのいい五月晴れの下、「浜田博行presents"JAZZ&ART SESSION"」が催されました。
多くの方にご来場頂きまして有難うございます。

ステージに飾られた数々の芸術作品と、奏者の方々によるジャズ&アート。
会場が暗転しステージに照明が当てられ演奏が始まったとき、観客の皆様は
その不思議な世界にぐっと引き込まれたかと思います。


残念ながら演奏は伝えられませんので、コンサートの様子をいくつかご紹介いたします。


IMG_0846.JPG
14時半開場。

会場の扉をくぐるとすぐに、辻田恭子氏の作品がお出迎え。
黒地のネットに金属のモチーフが装飾された作品です。


IMG_0922.JPG
15時、開演です。
こうしてみると、奏者の方々も一つの芸術作品のように見受けられます。
ジャズとアートが絶妙な均衡を保たれたまま、ステージは進んでいき・・・


IMG_0955.JPG
藤原和子氏のライブペインティング!
大きなキャンバスを前にして、一心不乱に描く!描く!描く!
浜田博行氏の優しい歌声をバックに描かれたこの絵はリスニングルーム'響'にて展示してあります
ので、どう変身したか興味をお持ちの方は是非当館へお越しになってご覧ください。

作品ばかりご紹介しましたが、もちろん演奏も負けておりません。


IMG_0945.JPGIMG_0944.JPG











IMG_0991.JPGIMG_0995.JPG










1曲目「If ever I would leave you」から始まったコンサート。
「La puerta」では浦千鶴子氏の力強い歌声に魅了され、続く「Try to remember」、
「They can't take that away from me」のしっとりとしたジャズに、観客の方々は
すっかり心酔されたのではないでしょうか。
他にも「見上げてごらん夜の星を」や「Caravan」、またアンコールでは「Route66」が演奏されました。

それにしても、豪華なメンバーが集まったなぁと改めて思わずにはいられません。
17時頃コンサートは終了いたしましたが、本当にあっという間の2時間でした。


このあと行われたジャズカフェも多くの方にお越しいただき、大盛況でした。
当館6階リスニングルーム'響'では、今回の美術作品や出演者紹介を展示しております。
お越しの際はぜひご覧ください。


IMG_1023.JPG
ジャズカフェが終わっても観客の方々はまだ興奮冷めやらないご様子でした。
ジャズとアートの素敵なコラボ、じっくりと楽しんで頂けたと思います。


次回の開催は来年の今頃でしょうか。
待ち遠しく思うとともに、次はどんなステージパフォーマンスが見れるのか楽しみです♫


少し前からですが、事務室内のレイアウトをがらりと変えました。

 


受付.JPG

 

一番変わったところは、予約窓口が1つから2つに増えたことです。

これで順番待ちされることはほとんどなくなるかと思います。

(今まですみませんでした...)

 

施設予約確認用のパソコンは以前どおりご利用いただけます。

来館された際はぜひご利用ください。

 


予約状況確認用PC.JPG

 

このレイアウト、利用者の方からもご好評です。ありがとうございます!

「以前よりも受付ぽくなった」「すっきりしていて雰囲気が良くなった」

といったお声を頂いております。もっと早く変えるべきでした。反省です。

 

今後はこのスタイルでよろしくお願いいたします。





4/25(金)の読売新聞にジャズアートセッションの情報が掲載されました。
お手元にお持ちの方は、是非チェックしてみてください。
テナーサックス奏者、西村さんの素敵な写真が目印です。


ジャズアートセッション 西村さん.JPG
浜田博行氏による当イベントは今回で2回目となります。
前回はどんな感じだったのかといいますと・・・


昨年のコンサート.JPGのサムネール画像

こんな感じです!
演奏はもちろん、スクリーンを使ったパフォーマンスもされています。
ご覧いただく通り、席とステージがすごく近いので迫力も満点です。
では、コンサート終了後のジャズカフェはどんな感じだったのかといいますと・・・



昨年のジャズカフェ1.JPG昨年のジャズカフェ2.JPG












こんな感じです!
こちらも演奏家と観客の方々がとっても近いです。見ごたえありです。
ジャズカフェの方は事前予約不要ですので、ふらりとお越しいただいても大丈夫です。

と、前回の様子を紹介させていただきました。
今回はどんな風なのでしょうか、すごく楽しみです。


開催日時も近づき、お席の数も少なくなってまいりました。
お早めのご予約をお待ちしております。

5/11(日)開催「JAZZ&ART SESSION」詳細・ご予約方法は当HP内'イベント情報'をご覧ください。