スタッフブログ
HOME > スタッフブログ

2013年2月アーカイブ

2013/02/27 | スカイプラザ浜大津 | イベントリスニングルーム“響”

 

コンサート風景.JPG

 

ジャズとアートの融合!!!!!

 

平成25年2月24日(日)に「JAZZ CONCERT~Art Session~」が開催されました。毎年、この時期になるとジャズコンサートは恒例となっており、去年と同じく浜田博行さん(Tp)、西村有香里さん(Ts)、大友孝彰さん(P)、大澤善樹さん(Ba)、小松尚人さん(Dr)によるクインテット編成でご出演いただきました。しかしながら・・・・・今回は少し趣向を変えて、「ジャズとアートのセッション」や「ジャズカフェ」など新たな取り組みに挑戦!!左の写真を見ていただきますと普通のジャズコンサートとは赴きが違う点がちらほら・・・・。まずは写真上に写る映像。これ、実はリアルタイムで写真家の宮村政徳さんがコンサート中の写真を撮ってプロジェクターで作品として投影してるんですね。他にはステージ両サイドに見える2つの作品。美術作家の辻田恭子さんと彫刻家の藤原昌樹さんによる作品で、金属を溶接して制作されたこれら2つの作品は、ただ音を聴くだけでなく、作品を見るという動作も加わることで想像力を掻き立てられる演出となっているわけなのです!!浜田さんいわく、「ニューヨークっぽいね。」だそう。私はNYには行ったことがないのですが、妙に納得してしまいました。(笑)演奏曲は「If ever I culd leave you」や「moodys samba」など全10曲。非常に中身の濃いステージでした。

 

 

 

ジャズカフェ - セッション風景3.JPG

 

コーヒーを飲みながら一大ジャズセッション!!

 

 

スカイプラザジャズコンサート&アートセッション第2部JAZZ CAFEとしてリスニングルーム「響」が、今回はコンサート会場としてではなくカフェ・セッション会場として生まれ変わりました。司会進行には浜田博行さんをお迎えし、1曲目からなんとコンサート出演者の皆さんが一緒に参加されるという凄く豪華なスタンドナンバー「Moanin」から幕を開け、「All Of Me」、「On Green Dolphin」など7曲、有名なスタンダードナンバーが演奏されました。「Georgia On My Mind」ではなんとアートで参加下さった美術作家の辻田恭子さんがボーカルで参加されるという場面もありました。皆さん演奏がすごく達者で、スタッフで会場にいた私もそのレベルの高さに圧倒されました。ソロだけ参加OKだったり、歌もあったりと、第1部とはまた違った自由度の高い濃い内容にセッション参加者の方や、聴きに来られた方には短い時間ではありましたが楽しんでいただけたのではないでしょうか。今回初の試みとして参加型のセッションを行いましたが、今後も続けられるよう企画してまいりたいと思いますので是非楽器をされている方やジャズが大好きだという方は次回開催の際にはご参加・ご来場のほうしていただければと思います。