イベント情報
HOME > イベント情報

2015年6月アーカイブ

2015/06/28 | スカイプラザ浜大津 | ジャズコンサート


「山本恵理ピアノソロJAZZ LIVE」
 
eri yamamoto.jpg
とき 2015年日(土)
開演 14時00分
開場 13時30分

会場 スカイプラザ6階 リスニングルーム響
料金 2000円(自由席・当日精算)
定員 先着60名様

申込 電話、メールのいずれかで事前予約が必要です。
    ①お名前、②参加人数、③電話番号を
     お知らせください。
   ※メール申込みの場合、当館からの予約完了メールで申込み完了 

TEL   077-525-0022
MAIL yoyaku@sky-plaza.jp
簡単便利な予約フォームもございます。 





滋賀大学大学院に在籍する等、滋賀にゆかりのあるピアニスト・山本恵理さん。
ジャズの本場ニューヨークを拠点に精力的に活動する彼女が、久しぶりに帰国公演を行います。

スカイプラザ・ジャズコンサートを企画して早5年。これまで滋賀に縁の深い演奏家に登場していただきましたが、満を持しての出演になります。

当日は、山本さんが活動拠点をおくジャズの本場ニューヨークでのお話を交えながら、ジャズスタンダードを中心にお届けいたします。

ピアノラウンジの様なくつろぎの空間をお楽しみください。




山本恵理・・・ピアニスト/コンポーザー
大阪府出身。3歳よりピアノを始め、8歳から独学で作曲を始める。高等学校音楽科ではピアノに加え、声楽、ビオラ、作曲等幅広く学び、大学(作曲専攻)に至るまで、数多くのコンサートを行う。1995年大学院在学中、ニューヨークでトミー・フラナガンの演奏に感銘を受け、ジャズに傾倒。同年、ニューヨークに渡る。ベーシスト、レジー・ワークマンの勧めでニュースクール大学ジャズ科に入学。ジュニア・マンス、リアン・レジウッド、アンドリュー・シリル、レジー・ワークマンなどに師事。在学中より演奏活動を開始し、JVC Jazz Festival、Smalls、Lenox Lounge等に出演。1999年、自らのトリオでイーストヴィレッジの"Avenue B Social Club"での、レギュラーコンサートを始める。そこで、マシュー・シップを含む様々なミュージシャンと親交を深める。2000年からは、グリニッジヴィレッジに位置する歴史あるジャズクラブ"Arthur's Tavern"に自己のトリオでレギュラー出演、現在に至る。近年ではアメリカ国内ではCathedral Park Jazz festival、 Hartford Jazz Festival、 Lincoln Center、 Blue Note等数多く出演し、日本全国での定期的なツアーに加え、カナダ、イギリス、ウェールズ、スペイン、ドイツ、イタリア、アイルランド、ジャマイカ等でも頻繁にツアー行う。イギリスのCheltenham Jazz Festival、スペインのTerrassa Jazz Festival、イタリアのTime Zone Jazz Festival、アイルランドのBray/Derry Jazz Festivalをはじめとするメジャーなフェスティバルにも出演している。2013年には初のライブレコーディングアルバム、"Firefly"をリリース。リーダーアルバムとしては9枚目の同アルバムは、結成10年以上のトリオのメンバー、デヴィッド・アンブロージオ;ベース、竹内郁夫;ドラムスをフィーチャー、その独創的なサウンド、曲にはアメリカ国内外でも評価が高い。ASCAP(アメリカ作曲家協会)からは、2006年から連続で作曲賞を受賞している。自己のトリオ、ソロでの活動に加え、ウイリアム・パーカー、ダニエル・カーター、ウィット・ディッキー、ロン・マクルーアー、ハミッド・ドレイク、ブッチ・モリス、ポール・マカンドレス、イヴ・レベイエ等、様々なミュージシャンとも共演。特にベーシスト、ウイリアム・パーカーのアルバム"Luc's Lantern"と"Corn Meal Dance"での演奏は、国内外で高い評価を受ける。彼のトリオ、セクステットのメンバーとしてアメリカ、カナダ、イタリア、オランダ、ノルウェー、チュニジア、ポルトガルをはじめとする数多くのツアーにも参加している。また、2009年には滋賀大学大学院にて音楽教育/作曲の修士課程を修了。演奏活動に加えアメリカ、日本、ヨーロッパ、アフリカ、ジャマイカ等でジャズワークショップ、マスタークラスを積極的に行っている。